· 

黒漆はどうやって作る?

本来なら漆問屋さんが精製した黒漆を買うのですが、丹波漆は少ししか手に入らないないので、自分で黒い漆を作って精製します。

漆の原液は乳白色で、空気に触れると茶色い色になります。これに鉄分を加えると鉄に反応して黒くなります。

今回は和釘と鉄製のフライパンを使って黒漆を作ってみます。出来るだけ空気に触れないようにサランラップで蓋をして1週間置いてから精製します。一番後の写真が3日経った所です。少し黒くなりました。

鉄製のフライパンに入れて8日経った生漆(きうるし)です。乳白色だった漆が鉄に反応してネズミ色になりました。これをガラス板で広げて混ぜながら、ゼットライトで熱を加えながら、1時間半混ぜ広げてを繰り返し水分を飛ばして30パーセントの水分を3パーセントくらいにすると刷毛塗りの漆になります。